カフェインレスコーヒーは体に良い?味や香りは?

豆知識

この記事では、カフェインレスコーヒー(デカフェコーヒー)がどんなものかということから、味や効能まで幅広くまとめています。コーヒーを飲みたいけどカフェインを撮りたくないという人は少なくありません。そんな時に、カフェインレスコーヒーが最適です。
味や香り、栄養などについても掲載しているのでぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

カフェインレスコーヒーとは?

カフェインが入っていないコーヒー

カフェインレスコーヒーとはカフェインが取り除かれたコーヒーです。カフェインが入っていないので、カフェインの覚醒作用や利尿作用を抑えてコーヒーを楽しむことができます。

栄養価はほぼほぼ変わらない

カフェインレスコーヒーは通常のコーヒーとほぼ同じ栄養を持っています。もちろん、カフェインレスなので、カフェインは入っていませんが、他の栄養はほとんど取り除かれません。

カフェインレスコーヒーの味や香りは?

味と香りはマイルドになる

カフェインレスコーヒーは通常のコーヒーに比べて、味と香りがマイルドになります。特に苦みや酸味が抑えられています。なので、コーヒーの苦い味や酸味が苦手という人はカフェインレスコーヒーなら飲めるかもしれません。通常のコーヒーが苦手な人はぜひ試してみてください。

カフェインレスコーヒーのカフェインの量は?

完全にカフェインが入っていないわけではない

カフェインレスコーヒーは完全にカフェインが入っていない訳ではありません。通常のドリップコーヒーには100mg前後のカフェインが入っていますが、カフェインレスコーヒーには5mg前後のカフェインが含まれています。カフェインが完全に入っていないということではありませんが、非常に少ないカフェイン量なので、カフェインが苦手な人でも問題なく飲むことができます。

カフェインレスと普通のコーヒーどっちが良い?

通常のコーヒーのみの利点がある

通常のコーヒーとカフェインレスコーヒーとの違いはカフェインです。カフェインには主に以下のような効果があります。カフェインの作用が苦手という人はカフェインレスコーヒーを飲むようにしましょう。

  • 覚醒作用
  • 基礎代謝の向上
  • 利尿作用
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 記憶力、気分の向上

カフェインが苦手な人はカフェインレスコーヒーを飲もう

コーヒーは1日4杯程度であれば健康に良いことがわかっています。なので、通常のコーヒーを飲んでも問題はないのですが、カフェインが苦手な体質の人はカフェインレスコーヒーを飲みましょう。また、寝る前やカフェインと相性の悪い薬を服用している人にもおすすめです。

まとめ

カフェインレスコーヒーはカフェインが取り除かれ、ほとんど入っていないコーヒーのことでした。カフェインが苦手の人にはカフェインレスコーヒーは最適なコーヒーです。コーヒーの健康的な効果を期待しつつ、カフェインの副作用を抑えることが気でます。ぜひ、通常のコーヒーのカフェインが苦手という人はカフェンレスコーヒーを試してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました