コーヒーの種類にはどんなものがあるの?

豆知識

 

カフェオレやカフェラテなど、ここでは有名なコーヒーの種類について紹介しています。カフェラテとカフェオレの違いが知りたい方や新しい飲み方を知りたい人は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

コーヒーの種類

ドリップコーヒー

ドリップコーヒーとは、ドリッパーを用いて入れられたコーヒー。日本で昔から楽しまれている入れ方で、基本的には複数の豆をブレンドしたものを使って入れます。フィルターには紙、ネル、金属のいずれかを使用している場合が多いです。

エスプレッソコーヒー

エスプレッソコーヒーとは、細かく挽かれたコーヒー豆をマシンを用いて圧力をかけ抽出されたコーヒー。非常に濃厚な風味や、味わいが特徴です。エスプレッソコーヒーの本場イタリアでは、砂糖をたくさん入れて甘さと苦さを楽しむように飲まれています。

 

ドリップコーヒーの種類

カフェオレ

ドリップコーヒーに同量の牛乳を注いだもの。フランスの朝食で好まれて飲まれています。苦さや酸味が際立っているコーヒーを飲みやすくすることができるので、朝の空腹に飲むのに最適なコーヒーの飲み方です。

アメリカンコーヒー

アメリカンコーヒーとは浅く焙煎したコーヒー豆をドリップして抽出されたコーヒー。焙煎度が低いシナモンローストやミディアムローストのコーヒー豆を使用して、なおかつ多めのお湯で入れられます。コーヒー豆本来の味を感じることができます。

ウィンナーコーヒー

ドリップコーヒーにホイップクリームを乗せたものです。オーストリアのウィーンが発祥とされています。日本独自の呼び方で、実際ウィーンでウィンナーコーヒーを頼んでも伝わりません。

フレーバーコーヒー

フレーバーコーヒーはドリップコーヒーにシナモンやチョコレートソースなどを入れたものです。入れる香辛料やソースによって組み合わせは無限大で、自分好みのコーヒーを作ることができます。他の飲み方に比べてコーヒーの風味が大幅に変わります。

エスプレッソコーヒーの種類

カフェラテ

エスプレッソコーヒーと牛乳を混ぜたもの。イタリアが発祥で、イタリア語でコーヒー・牛乳という意味があります。日本では、ドリップコーヒーの牛乳割りをカフェオレ、エスプレッソの牛乳割りをカフェラテと呼んでいます。牛乳の代わりにスチームミルクが使われるのが一般的です。

カフェモカ

カフェモカとはエスプレッソにチョコレートソースとスキムミルクを混ぜたもの。チョコレートとミルクの代わりにココアを使用することがあります

カプチーノ

カプチーノはエスプレッソにスチームドミルクと、フォームドミルクを同量ずつ混ぜたもの。チョコレートやココアパウダーで味付けすることもあります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました