コーヒーを飲むと血圧が上がるってホント?高血圧への影響も徹底解説

コーヒーは血圧が上がる?豆知識

コーヒーを飲むと高血圧になるのでしょうか?

この記事では、コーヒーで血圧が上がるのかどうかということからコーヒーを定期的に飲んでいると高血圧になるのかということを詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

スポンサーリンク

コーヒーで血圧は上がる?

コーヒーを飲むと一時的に血圧が上がる

コーヒーを飲むと一時的に血圧が上昇します。

これはコーヒーに含まれているカフェインによって引き起こされます。

数時間程度血圧が上がり、しばらくすると元の数字に戻ります。

そのため、血圧の上昇を気にしてコーヒーを辞める必要はありません。

朝にコーヒーを飲むとすっきりしますが、それはこの効果が影響しています。

朝起きて血圧が低い状態でコーヒーを飲むことですぐに血圧が上昇します。

もちろん、コーヒーの味や香りも目を覚まさせる要因です。

カフェインの覚醒作用も相まってすっきりします。

健康に影響はない

コーヒーを飲むことによる血圧の情報は健康にほとんど影響がありません。

過適度な量を飲んでいれば問題ないのです。

しかし、もともと高血圧な人は気を付けてください。

高血圧の人がコーヒーを過剰摂取してしまいまうと、血圧に問題が生じることがあります。

もし、高血圧でコーヒーを飲みたい人は担当医に相談して判断してください。

コーヒーを飲むと高血圧になる?

高血圧になることはない

コーヒーを飲んでも高血圧になることはありません。

一時的に血圧が上昇するだけで、すぐに元に戻るので安心してください。

しかし、砂糖をたくさん入れたコーヒーを常飲していると高血圧につながります。

コーヒーにたくさん砂糖を入れると飲みやすくなりますが、血圧やその他の健康に影響が出てしまいます。

もし、高血圧や健康を気にしている人はなるべくブラックコーヒーや砂糖を入れずにカフェオレを飲むようにしてください。

コーヒーは血圧の上昇よりもカフェインの過剰摂取に注意

カフェイン中毒になる可能性がある

コーヒーを短時間でたくさん飲むとカフェインの過剰摂取になってしまい、カフェイン中毒を引き起こす可能性があります。

カフェイン中毒は吐き気やめまいを伴うので非常に危険です。

カフェインの中毒にならないようにコーヒーを飲む際には注意してください。

1日に3、4杯にとどめておけばカフェイン中毒になる心配はありません。

また、エナジードリンクのようなカフェインの含有量が多い飲み物をコーヒーの前後に飲む際も気をつけるひつようがあります。

エナジードリンクにも非常に多くのカフェインが含まれています。

コーヒーと感覚をあけずに飲んでしまうと、カフェインの摂取量が高くなるのでなるべく避けるようにしてください。

まとめ

コーヒーに含まれているカフェインの影響で一時的に血圧は上昇時ますが、数時間後には通常の数値に戻るので安心してください。

中止しなければいけないのはコーヒーに砂糖を入れて飲む人です。

コーヒーに砂糖を入れると高血圧につながります。

もちろん、砂糖の量によって変わってくるので、一概には言えませんが多量の砂糖を入れる人は注意してください。

 

タイトルとURLをコピーしました