コーヒーによる口臭への影響と対策

豆知識

この記事ではコーヒーによる口臭の影響や、その口臭の対策や改善するための方法を詳しく説明しています。家や職場でコーヒーを飲んだ後の口臭が気になる、また、その口臭を解決したいという人はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

コーヒーを飲んだ後の口臭は?

コーヒーを飲んだ後は息が臭くなる

コーヒーを飲んだ後は、口臭が臭くなることが分かっています。どんな食べ物や飲み物でも口臭に悪影響を及ぼす可能性がありますが、特にコーヒーは悪い影響を及ぼします。

 

カフェインが唾液の分泌を抑制する

コーヒーに含まれているカフェインは唾液の分泌を抑制します。それにより、口内の細菌による臭いの影響が約2倍になるのです。また、コーヒーは口の中を乾燥させるので、それにより細菌が増殖しより一層口臭が臭くなってしまいます。

 

カフェラテは普通のコーヒーより口臭に悪影響

カフェラテにはエスプレッソが使われています。エスプレッソは普通のコーヒーよりも口にとどまりやすく、悪い影響を与えます。また、カフェラテはエスプレッソに牛乳を加えて作られます。乳製品と一緒にコーヒーを飲むことで、口臭をより一層悪くしてしまいます。

 

コーヒーによる口臭の改善方法

歯を磨く

一番簡単にできる口臭対策がコーヒーを飲んだ後に歯を磨くことです。歯を磨くことで口内の細菌を抑えることができるので、口臭が悪くなるのを防ぎます。

水を飲む

歯を磨くのが一番の解決法と紹介しましたが、外でコーヒーを飲んだ後に必ずしも歯を磨けるとは限りません。そこで、おすすめなのがコーヒーを飲んだ後に水を飲むことです。水を飲むことで、口内のコーヒーを流すことができます。コーヒーによって口臭が臭くなる前に水を飲みましょう。

コーヒーと一緒に生姜やレモンを食べる

コーヒーと一緒に生姜やレモンなどの果物のお菓子を食べることでコーヒーによる口臭への影響を軽減できます。あくまで軽減できるというだけでそこまで強い効果は期待できませんが、もし一緒に食べるお菓子を選ぶときは果物などが使われているお菓子を選びましょう。

レモン水を飲む

コーヒーを飲んだ後にレモン水を飲むのがコーヒーの口臭を抑える非常に効果的な方法です。レモンにはコーヒーの匂いを抑える効果があり、それを水に加えることでより効果的になります。もし、家や職場でコーヒーを飲む際にはレモン水を用意しておくと口臭を簡単に抑えられるのでお勧めです。

りんごを食べる

コーヒーに含まれているカフェインには唾液の分泌を抑える効果があるのですが、りんごには唾液を分泌させる酵素が含まれていてカフェインの効果を相殺することができます。生のリンゴが一番効果的なのですが、もしその場にない場合はコーヒーと一緒にリンゴが入ってるパンやデザートを食べましょう。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました