コーヒーが下痢を引き起こす理由とその改善方法

豆知識

この記事ではコーヒーが下痢を引き起こす原因とそれを緩和する方法を掲載しています。いつもコーヒーを飲むと下痢を起こしてしまうという方やその改善方法が知りたい人は是非参考にしてください。

 

スポンサーリンク

コーヒーは下痢を引き起こす

カフェインに下剤効果がある

コーヒーに含まれているカフェインには下剤効果があります。毎日コーヒーを飲んでいる人は注意が必要です。特に複数杯のコーヒーを飲んでいると、この下剤の効果が顕著に現れます。毎日1杯程度であれば問題なく飲む事ができますが、過剰に摂取してしまうと下痢を引き起こしてしまいます。

人工甘味料に下剤効果がある

アイスコーヒーを飲む時にガムシロップを使う人は多いと思います。ガムシロップ、特に0カロリーのガムシロップには非常に多くの人工甘味料が使用されていて、下痢を引き起こしてしまうので注意が必要です。

乳製品に下剤効果がある

ミルクを代表とした乳製品は下痢を引き起こしてしまいます。何が原因かというと乳製品に含まれている乳糖が引き起こしているのです。日頃から乳製品を飲むとお腹痛くなったり緩くなるという人はコーヒーにミルクを入れて飲むと相乗効果でより一層下痢を引き起こしやすくなるので気をつけてください。

コーヒーによる下痢を緩和する方法

下痢を悪化させる食べ物を避ける

コーヒーと一緒に消化器に負荷をかける食べ物を取ってしまうと、下痢を悪化させてしまいます。下痢になりやすい方は以下の食べ物を避けましょう

  • 脂っこい食べ物
  • 生の野菜と果物
  • 辛い食べ物

空腹時にコーヒーを飲まない

コーヒーを空腹時に飲むとカフェインの影響が強く出てしまいます。下痢だけではなく他のカフェインによる悪影響も強く出てしまうので、空腹時になるべく飲まないように心がけましょう。

薬を飲む

基本的に下痢には薬を飲む必要はないのですが、もし緩和させたいなら一番簡単な方法が薬を飲む事です。ロペミンなどが下痢の薬として有名で、近くのドラッグストアなどで簡単に購入する事ができます。もし、よく下痢になるというかたは常備しておいても良いかもしれません。

まとめ

コーヒーは下痢を引き起こす!飲み過ぎに注意

コーヒーを飲みすぎると下痢を引き起こしてしまいます。いつもコーヒーを飲むと下痢を起こしてしまうという人はコーヒーを飲む量を減らしましょう。なるべく空腹でコーヒーを飲まないようにしたり、飲みすぎないで下痢を防ぎ、コーヒーとうまく付き合いたいですね。

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました