コーヒー(カフェイン)を飲むことで得られる健康効果

豆知識

コーヒー(カフェイン)を飲むことで得られる健康に良い点について紹介しています。毎日コーヒーを飲む方、これからコーヒーを飲もうと思っている方はここで紹介している効果を是非参考にしてください。

 

スポンサーリンク

コーヒーを飲むとどのような健康に良いことがある?

脂肪を燃やすのを助ける

コーヒーに含まれているカフェインには、代謝をあげる効果があります。脂肪の燃焼を助けるのでダイエットを行なっているひとは積極的にブラックコーヒーを飲むと良いでしょう。しかし、カフェインは継続して摂取していると、効果が薄れてしまいます。日頃からコーヒーやエナジードリンクを飲んでいない人でこれからダイエットをしたいという人に特に効果があります。

必須栄養素を含んでいる

淹れたてのコーヒーにはコーヒー豆の栄養価が濃く反映されます。缶コーヒーではなく、自分でドリップしたコーヒーやコンビニのドリップコーヒー、また、スタバやタリーズなどのカフェで購入できるコーヒーには多くの栄養が含まれています。このようなコーヒーには、カリウムやマグネシウムなどのミネラル類や、ビタミンB2やビタミンB5が含まれています。毎日数杯のコーヒーを飲む事で栄養を補うことができます。

 

アルツハイマーを予防できる

コーヒーには、アルツハイマーにかかるリスクを抑えることができる効果があることがわかっています。アルツハイマーの予防には健康的な生活、定期的な運動などがありますが、さらにコーヒーを飲むことで一層の予防を行うことができます。

強い抗酸化作用

コーヒーには抗酸化作用があります。コーヒーには多くの抗酸化物質を含むので、老化防止につながります。生の果物や野菜にも抗酸化物質は多く含まれていますが、コーヒーにも同程度の抗酸化物質が含まれているので、コーヒーを常飲することで老化を抑えることができます。

 

疲れを抑えてスッキリさせる

コーヒーに含まれているカフェインには覚醒作用があり、脳がスッキリし勉強や仕事により集中することができます。また、ドーパミンのりょうが増加し、疲れを軽減することができます。

飲み過ぎは逆効果

1日4杯までにするのが良い

どんな食べ物飲み物にも言えることですが、食べ過ぎ飲み過ぎは体に悪影響を及ぼします。コーヒーの1日に飲むと良いとされている量は4杯とされていて、それ以上に飲んでしまうとカフェイン中毒になったり、気分が落ちたりなどの悪影響が出てしまいます。コーヒーを飲む際は1日4杯までに抑えて、コーヒーの健康に良い面をうまく利用しましょう。

 

コーヒーを飲みすぎると(カフェインを取りすぎると)どうなる?

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました