コーヒーを飲んで吐き気が起こる理由と防ぐ方法

豆知識

この記事ではコーヒーが吐き気を催す理由からその吐き気を防ぐ方法を掲載しています。コーヒーが大好きだけど飲むと吐き気を催してしまうという経験はありませんか?吐き気を催す理由とその対策を理解してコーヒーとうまく付き合いましょう。

 

スポンサーリンク

コーヒーで吐き気が起こるのはなんで?

カフェインの影響

コーヒーを飲んだ後に吐き気を催すのは、コーヒーに含まれているカフェインの影響です。カフェインは胃をはじめとした消化器系に影響を与えます。過剰にカフェインを取ると、胸焼けやむかつきを引き起こして吐き気につががるのです。

特に、短期間で多い量のコーヒーを飲んでしまうと引き起こします。また、空腹時にコーヒーを飲んでしまうと、吐き気を催す場合があります。

コーヒーによる吐き気を防ぐ方法

空腹時に飲むのを避ける

コーヒーのカフェインの影響で吐き気を催すのですが、コーヒーを飲む際にお腹に何か淹れておくと影響を薄める事ができます。朝起きた時にコーヒーを飲みたいという人は多いと思いますが、我慢して朝ごはんを食べた後に飲むようにしましょう。

ただ、朝にコーヒーを飲むと目が覚めやすい事がわかっています。空腹時でも飲みたいという人は少なくないと思います。そういう場合はカフェオレやカフェラテにしてミルクを入れる事で、吐き気を催すのを軽減する事ができます。ミルクが胃を覆ってくれるので、カフェインの影響が緩和されます。

コーヒーを飲む前に1杯の水を飲む

コーヒーに含まれているカフェインには脱水作用があります。それが作用して吐き気を催してしまう場合があります。それを防ぐにはコーヒーを飲む前に1杯の水を飲むのが効果的です。

特に、人間は寝てる間に汗をかき、起きた時には水分が足りていない状態です。朝にコーヒーを飲む飲まないに関わらず、起きたらコップ1杯の水を飲むことを強く勧めます。コップ1杯のお水を飲む事で、朝にコーヒーを飲んでも気持ち悪くなりにくいのです。

短期間でコーヒーを飲みすぎない

短い時間にコーヒーを飲みすぎてしまうと、カフェインの過剰摂取となり吐き気を催してしまいます。カフェインはコーヒーだけでなく烏龍茶やエナジードリンクにも多く含まれているので、注意が必要です。

まとめ

空腹時と飲み過ぎに注意

コーヒーに含まれているカフェインが吐き気を催す大きな原因です。コーヒーを飲む際は、空腹時に飲むとかカフェインが強く作用することと、短時間でたくさん飲むと悪影響を及ぼすことを覚えておきましょう。

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました