コーヒーを飲めない理由と飲めるようになる方法

豆知識

この記事では、コーヒーが苦手な人が飲めない理由からコーヒーを飲めるようになる方法を掲載しています。カフェにはいきたいけどコーヒーが苦手という人やこれからコーヒーを克服しておいしく飲めるようになりたいという方にぜひ読んでもらいたいです。

スポンサーリンク

コーヒーが飲めない理由

質の悪いコーヒーしか飲んだことがない

コーヒーは使うコーヒー豆の産地やグレードによって大きく味が変わります。安いコーヒーは、質のあまりよくないコーヒー豆を使っている場合があるので、コーヒーのおいしくないえぐみが出てしまうことがあります。もし、缶コーヒーやコンビニのコーヒーを飲んで飲めないと思った方はコーヒースタンドなどの専門店に行って飲んでみましょう。

 

好みの系統のコーヒーに出会っていない

コーヒーを入れる時に使用するコーヒー豆というのは、生のコーヒー豆を焙煎したものです。この焙煎度合いによって大きくコーヒーの味が左右されます。簡単に説明すると、焙煎の時間が短いほど酸味が強く浅い味になり、焙煎の時間が長いほど酸味がなくなり苦くコクのある味になります。もし、酸味が苦手という方は焙煎時間が長いコーヒー豆で淹れられたコーヒーを飲んでみてください。

また、コーヒー豆の産地によって甘さや香りが全然違います。例えば、ブラジルのショコラというコーヒー豆は酸味がほとんどなく非常に甘い味をしています。自分の好みに合わせたコーヒー豆にまだ出会っていないだけかも知れません。コーヒーを専門で扱っているお店であれば、店員さんに聞くとコーヒーの特徴を教えてくれますよ。好きな系統のコーヒー豆を探してコーヒーを克服しましょう。

ブラックコーヒーしか飲んだことがない

日本では、コーヒーというとブラックで飲むイメージがあります。しかし、コーヒーが栄えている、ニュージーランドやイタリアではブラックコーヒーはほとんど飲まれません。ニュージーランドやイタリアではミルクや砂糖をたっぷりといれて飲むのです。もし、ブラックコーヒーが飲めないけど、カフェオレやカフェラテ、または、砂糖をたっぷりと入れたコーヒーが好きという人は何も恥ずかしがることはありません。自分の好きなように飲みましょう。

コーヒーを飲めるようになる方法

ミルクや豆乳で割って飲む

コーヒーが苦手という方は、苦さや酸味がきつく飲めないのではないでしょうか。先ほど消化し他通り、コーヒー先進国のニュージーランドやイタリアではほとんどブラックコーヒーは飲まれません。日本では当たり前になっていますが、外国ではコーヒーをブラックのままで飲むと珍しがられるくらいです。

コーヒーの酸味と苦みはミルクや豆乳を入れることで大幅に緩和されます。もし、酸味と苦みが苦手でコーヒーを飲めないという人は遠慮することなく、ミルクや豆乳を入れて飲みましょう。

 

質の良いコーヒー豆で淹れたコーヒーを飲む

コーヒー豆は焙煎してから徐々に酸化します。酸化することで、コーヒーにえぐみが出てしまい、おいしくないコーヒーになるのです。もし、ドリップパックを利用したコーヒーなどの酸化してしまってるコーヒー豆を使っているコーヒーを飲んで嫌いになったという方は、ぜひ専門店で飲んでみてください。本来のコーヒーにはえぐみや雑味はほとんどなくすっきりとしたものです。

好みの焙煎度合いのコーヒー豆で淹れたコーヒーを飲む

コーヒーを淹れる時に使うコーヒー豆は焙煎されています。この焙煎する時間の長さによってコーヒーの味が大幅に変化します。もし、酸味が苦手という方は深煎り(長時間焙煎)のコーヒー豆で淹れたコーヒーを、苦みや深いコクが苦手という人は逆に浅煎り(短時間焙煎)のコーヒー豆で淹れられたコーヒーを飲んでみてください。コーヒースタンドなどのコーヒー専門店でお願いすれば、自分の好みの焙煎度合いのコーヒー豆で淹れたコーヒーを提供してくれます。

好みの産地のコーヒー豆を探す

先ほども説明した通り、コーヒー豆は産地によって味が大きく変わります。焙煎度合いにもよりのですが、酸味がほとんどなく苦みと甘さが強いコーヒー豆。また、苦みがほとんどなく紅茶のようなフルーティーな香りと酸味がするコーヒー豆など産地によって大幅に味が変わります。もし、1種類のコーヒーしか試さないで嫌いになっている方は、違うコーヒーを試してみましょう。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました