デカフェコーヒーとは?味や健康効果を徹底解説!

デカフェコーヒーとは?入れ方

デカフェコーヒーというものを知っていますか?

この記事では、デカフェコーヒーがどんなものかを詳しく解説しています。

ぜひ最後まで読んでデカフェコーヒーについての知識をつけてより良いコーヒーライフを楽しんでください!

スポンサーリンク

デカフェコーヒーとは?

カフェインが入っていないコーヒー

デカフェコーヒーとはカフェインがほとんど含まれていないコーヒーのことです。

完全にふくまれてい含まれていないものもありますが、基本的には微量のカフェインが含まれています。

含まれているとは言っても、カフェイン含有量は普通のコーヒーに比べて3%未満なので、気にする量は含まれていません。

栄養価はほとんど変わらない

デカフェコーヒーの栄養価は普通のコーヒーとほとんど変わりません。

カフェインが少ないだけで、カロリーやミネラルなどは普通のコーヒーと同じように摂取することができます。

カフェインを取り除く方法によって栄養素が変わってきますが、そこまで影響がないので心配する必要はありません。

デカフェコーヒーの味は?

マイルドになり飲みやすい

デカフェコーヒーは通常のコーヒと比べて味がマイルドです。

コーヒーの味の特徴ともいえる酸味や苦味が弱くなるので、濃いコーヒーが好きな日人は少し物足りなく感じるかもしれません。

逆に、普段飲んでいるコーヒーの味をキツく感じている人にはおすすめです。

味のイメージとしては、紅茶のような雰囲気を感じるコーヒーです。

どんな人がデカフェコーヒーを飲むべき?

寝る前にコーヒーを飲みたい人

デカフェコーヒーは寝る前にコーヒーを飲みたい人におすすめです。

コーヒーを飲む習慣がある人は寝る前にもコーヒーを飲みたくなります。

そんな時に、普通のコーヒーの代わりにデカフェコーヒーを飲むことでカフェインを気にせずに飲むことができます。

普通のコーヒーを飲んでしまうとカフェインを摂ってしまうので、眠りが浅くなったり寝付きが悪くなったりしてしまうのです。

もし、普段寝る前にコーヒーを飲んでいて睡眠に影響を及ぼしていると感じる場合は、デカフェコーヒーを飲むようにしてください。

カフェインの許容量が少ない人

デカフェコーヒーはカフェインが苦手な人にもおすすめのコーヒーです。

カフェインに過剰に反応してしまう場合、普通のコーヒーを飲むのは体に悪いです。

しかし、デカフェコーヒーであれば無理なくコーヒーを楽しむことができます。

いままでカフェインを気にしてコーヒーを飲めなかったという人はデカフェコーヒーを試してみてください。

デカフェコーヒーの方が健康に良い?

カフェインには良い効果がある

普通のコーヒーに含まれているカフェインには健康に良い効果があります。

カフェインは覚醒作用があり脳がスッキリする効果や脂肪燃焼の促進などの効果があるのです。

そのため、デカフェコーヒーに置き換えてしまうといつも感じている効果を受けなくなってしまうことがあります。

特に、朝コーヒーを飲む習慣がある人はデカフェコーヒーにすると覚醒作用を感じないので、物足りなく思うかもしれません。

コーヒーを無理に避ける必要はありません。

自分の生活に合わせてカフェインを摂りたくないタイミングをデカフェコーヒーに変更する程度で問題ないです。

まとめ

デカフェコーヒーはカフェインの入っていないコーヒーです。

カフェインは適量であれば体に悪くなりません。

無理にデカフェコーヒーに置き換えるのではなく、自分がカフェインを摂りたくない時のコーヒーをデカフェコーヒーにおきかえるのがおすすめです。

デカフェコーヒーをうまく活用してコーヒーを楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました