バーボンとは?味やおすすめの飲み方も紹介!

「バーボン」と聞いたことがあると思いますが、実際にどのようなものか知っていますか?

この記事では、バーボンウイスキーがどのようなものかと言うことから味やおすすめの飲み方を紹介しています。

スポンサーリンク

バーボンとは?

アメリカンウイスキーの中の1つ

バーボンとはアメリカンウイスキーの中の1つです。

アメリカンウイスキーには、ライ麦が51%以上のライウイスキー、とうもろこしが51%以上のバーボンウイスキー、とうもろこしが80%以上のコーンウイスキー、ライウイスキーやバーボンに他の蒸留酒を混ぜたブレンドデッドウイスキーがあります。

昔はバーボンウイスキーとコーンウイスキーの区別はされていませんでした。

ケンタッキー州で作成されたコーンウイスキーがバーボンウイスキーと呼ばれてしました。

しかし、現在では、原料や作成方法で明確な定義がされています。

バーボンはどんな味?

甘くて軽い味が多い

バーボンウイスキーは甘くて軽い味のものが多いです。

もちろん、重いものもありますが、アメリカンウイスキー全体が他のウイスキーに比べて軽くて飲みやすい特徴があります。

ナッツや甘い果物のような香りがするので、尖っている香りが苦手な味が苦手な人におすすめのウイスキーです。

バーボンウイスキーは飲みにくい男の飲み物というイメージがありますがそんなことはありません。

いままで経験していた人はぜバーやPUBなどで1杯飲んでみることをおすすめします。

バーボンのおすすめの飲み方

オンザロック

バーボンウイスキーに1番おすすめな飲み方はオンザロックです。

オンザロックはウイスキーの香りと味の変化を楽しむことができます。

バーボンウイスキーは特に、ベースとなっているとうもろこしの深い香りを楽しむことができるので、変に割るのではなくロックで飲むと味を最大限にいかせます。

徐々に氷が溶けてくると、バーボンウイスキーが丸くなっていき、甘さや深みを感じることができるようになっていくのです。

いままでバーボンウイスキーを飲んだことがないと言う人はぜひオンザロックを試してみてください。

ハイボール

オンザロックはアルコール度数が高くて飲みにくいと言う人におすすめなのがハイボールです。

他のウイスキーだと、ハイボールにすると香りが飛ぶことがあります。

しかし、バーボンウイスキーは非常に香りが強いので、炭酸で割っても香りが残ります。

穀物のコクを残したままハイボールを楽しむことができるので、ぜひ試してみてください。

また、バーボンウイスキーで作ったハイボールは果物との相性が抜群です。

りんごやメロンのような甘めの果物を中に入れたり、そえたりすることでワンランク上のハイボールになります。

まとめ

バーボンウイスキーはアメリカンウイスキーの1つで、とうもろこしが51%使われています。

とうもろこしの比率が高いため、特有の甘さや軽さがあります。

他のウイスキーに比べても飲みやすいものが多いので、ウイスキーがあまり得意でないという人にもおすすめのウイスキーです。

タイトルとURLをコピーしました