ウイスキーの賞味期限と保存方法

ウイスキー

この記事ではウイスキーの賞味期限から適した保存方法まで紹介しています。一度開けたウイスキーをどのように保存したらよいのか、またどのくらいで飲みきったらよいのか知りたい方は是非参考にしてください。

 

スポンサーリンク

ウイスキーの賞味期限

開栓されているかいないかで大きく異なる

家でウイスキーのボトルを開けた時に、一度で飲みきることは少ないですよね。ウイスキーは一般的な飲み物と同じく、開栓されているかいないかで大きく賞味期限が変わります。

開栓されていないウイスキーの賞味期限

保存方法にもよりますが、基本的に開栓されていないウイスキーは10年近く保存することができます。10年より長い時間保存しておきたい場合は管理方法に気を付けて保存しないといけません。

開栓されたウイスキーの賞味期限

一度開栓してしまったウイスキーの賞味期限は長くて2、3年です。開栓されたウイスキーは徐々にアルコールが蒸発し、香りが失われて行ってしまいます。徐々にまろやかな風味になっていきますが、それは塾生が進んでいるわけではなく、ただ単にウイスキーの香りが飛んでしまっているだけです。

特に手ごろな価格のウイスキーは香りが飛ぶのが早い傾向があります。もし、手ごろなウイスキーを開栓した場合は一か月以内に飲むようにするのがベストです。

開栓したウイスキーの保存方法

光の当たらないところに保存

ウイスキーが光に当たると、紫外線がウイスキーに含まれている成分を分解してしまいます。可能であれば直射日光だけでなく、光がそもそも当たらない暗い所に保存することをお勧めします。

温度が低い所に保管する

開栓してしまうと瓶の中に空気が入り、アルコールが蒸発していってしまいます。そのアルコールの蒸発を抑えるためになるべく温度が低い所に保存しましょう。

容積の低い瓶に移し替える

先ほどアルコールが蒸発してしまうといいましたが、それを防ぐ良い方法があります。密閉度の高い小さい瓶に移し替えることです。そうすることで、瓶内の空気の量が減りアルコールが蒸発するのを防ぐことができます。ただし、移し替える時は、瓶をしっかりと煮沸して使うなど消毒を怠らないようにしましょう。

基本的には開栓したら早く飲む

一度開栓したウイスキーはどんなに管理状態が良くても、徐々に劣化していってしまいます。開栓したら数か月以内に飲むようにしましょう。

ウイスキーの保存方法まとめ

保存方法

  • 光の当たらない暗所
  • 基本が低い冷所
  • 開栓したら数か月以内に飲みきる!

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました